廃車の基礎知識

一時抹消登録した車を再登録するやり方について

一時抹消登録した車を再登録するやり方について

一時抹消登録した廃車を再登録するには、中古車新規登録をおこなうことにより、また公道で走ることができます。 中古車新規登録は、普通自動車の場合は管轄の運輸局(陸運局)に、軽自動車の場合は軽自動車協会でおこないます。

中古車新規登録の手続き

1.自動車保管場所証明書(車庫証明書)を申請します。
車庫証明書はお近くの警察署で申請・手続きをします。
2.中古車新規登録の手続きをします。

申請に必要な書類

  • 1.申請書(OCRシート第1号様式)
  • 2.手数料納付書
  • 3.定期点検整備記録簿
  • 4.自動車検査票
  • 5.譲渡証明書(一時抹消登録時と所有者が違う場合)
  • ↑ここまでは運輸局または軽自動車協会にある書類です↑
  • 6.一時抹消登録証明書
  • 7.自賠責証明書
  • 8.自動車重量税納付書

上記書類以外に所有者と使用者が同じ場合に必要な書類

  • 1.所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 2.所有者の印鑑
  • 3.自動車保管場所証明書(発行後1ヶ月以内のもの)

上記書類以外に所有者と使用者が違う場合に必要な書類

  • 1.所有者の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
  • 2.所有者の印鑑
  • 3.所有者の委任状
  • 4.使用者の住民票または印鑑証明書(法人/登記簿謄本)
  • 5.使用者の印鑑
  • 6.使用者の委任状
  • 7.使用者の自動車保管場所証明書(1ヶ月以内のもの)
3.仮ナンバー申請と自賠責保険の加入をします。
車検の切れた車は公道で走ることができないので、仮ナンバーを申請し一時的に運転できるようにします。自賠責保険の加入も義務付けられているため自賠責保険の加入もします。

仮ナンバー申請に必要な書類

  • 1.自賠責保険の証明書(原本)
  • 2.自動車車検証(一時抹消登録をしている場合は一時抹消登録証明書)
  • 3.免許証
  • 4.印鑑(認印)
  • 5.仮ナンバー取得費用(750円)
4.運輸局又は軽自動車協会で車検を受けます。
一時抹消登録をしているので、再度車検を受けなければいけません。車検に関しては運輸局で受けれますので、申請の際、申込み用紙に必要事項を記入すれば、車検を受けれます。車検終了時、定期点検整備記録簿と自動車検査票を貰うことができます。
5.中古車新規登録の手続きをします。
上記手続き終了後、中古車新規登録の手続きをします。手続きに問題がなければナンバープレートが発行され、車にナンバープレートを付けてもらえます。 これで手続きは完了となります。

車の価値、査定をしてみましょう!

ここから以下は全国ネットワークで営業展開している、車の査定買取や廃車の引取り、自動車の廃車手続きができる会社です。
ご自分の愛車を「中古車として売りたい方」「廃車にしたい方」専門業者へメールで査定を依頼して、愛車の現在価値や廃車の料金を確認して最適な選択をしましょう。

中古車の買取査定をご希望の方はこちらで。

【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定

ズバット車買取比較とは、全国150社以上の車の買取業者へ、一括で査定の依頼ができ、各社の車の買取査定額を比較する事で売りたい車を最高額で売却できます。
お客様の入力は簡単で約1分程度! ズバット車買取査定の累計利用者数は、100万人以上となっています。
また、お見積り査定依頼ができる車の買取業者は、ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、ジャック、アップル、ビッグモーター、ユーポスなど、テレビやラジオCMでもお馴染みの企業を含めた日本全国で150社以上を数えます。中古車の買取査定をご検討の方は、この機会にご利用下さい。
《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

廃車の買取査定をご希望の方はこちらで。

全国展開の廃車ドットコムの車買取

廃車の査定買取りサービス【廃車ドットコム】の新規査定お見積りサービスで、愛車の廃車買取り価格を、地元の業者と全国で展開している会社へ査定を依頼して、金額の確認することをお勧めいたします。
お車の廃車買取実績、全国で10万台以上の廃車買取り専門サイト。この機会に廃車ドットコムに査定を依頼して車の買取金額を確認してみましょう。
廃車のことなら廃車トッドコム

廃車ドットコムの買取査定

お車の廃車買取実績、全国で10万台以上の廃車買取り専門サイト。
廃車の手続き方法や引き取りサービスなどについて、 廃車のことなら廃車トッドコム に査定を依頼して車の買取金額を確認してみましょう。